可部の日本酒、旭鳳 vol1

As you wander along the Kabe Kaido, the 153 year old Kyokuho sake brewery is hard to miss. Just as I was peering through the door, a lovely lady appeared and invited me in for a tour. I’m fascinated by sake and the people who devote their lives to making it. Plus sake breweries are made for Instagram.

可部街道を行く先にある153年の歴史を持つ旭鳳の酒蔵は見逃せない。
玄関口を覗いていると、中にいらっしゃった素敵な女性が招き入れて下さり、突然の訪問にも関わらず酒蔵を紹介して下さいました。大の日本酒ファンのポールにとっては、酒作りに人生捧げる職人さんのお話に魅了されっぱなしでした。
そして何よりも酒蔵はポール的にインスタ映え抜群の場所のようでした。

 

Step off the road and it’s like you’ve stepped back in time into a space that one imagines looked much the same a century ago.

可部街道を外れて足を踏み入れた空間はまさに一世紀前と同じ場所にいるよう感覚。

 

And what a door it is!

この扉は一体、、!
(慶応元年、、明治維新前から残る旭鳳酒蔵の玄関はとても立派でした。)

 

Sake breweries are also like nature reserves. Here is one of several swallow nests tucked under the ceiling. The eggs apparently attract hungry snakes too!

酒蔵では自然も大事に保護されているようで、その一つがここにも。天井の下につばめが巣を作っていました。お腹を空かせた蛇達に食べられませんように!

 

Wares on display.

これまでの数々の賞が壁に掛けられてあります。

 

Sake is made in the winter, but staff were hard at work preparing this year’s batch of umeshu plum liqueur which will be ready in the autumn.

お酒は冬に作られますが、秋に出来上がる予定の今年の梅酒作りの作業でスタッフの方は大忙しでした。

 

つづく

この記事を書いた人
Paul Walsh
カテゴリー
地域を知る